入浴をして、生理痛をやわらげる


生理中はお風呂に入らなかった??

 

生理中は生活の上でも様々なことに気を遣いますよね。

なるべくこまめにトイレに行ったり、白っぽい色の洋服は控えたり。
昔は生理中にはお風呂に入ってはいけないなどといわれていたそうです。

知ってました?

 

私は知らなくて初耳でビックリしましたが、でもそれは、昔、家にお風呂がなかった時代のことなんだそうです。なるほど〜納得ですね。
生理は別に怪我や病気ではなく、女性の体が備え持った機能。自然の営みです。
妊娠しなければ使われなかった子宮内膜が血液とともに剥がれ、月一度体外に排出されます。それが生理ですね。
血液の循環が悪い人や、体の冷えが原因で生理痛になる人は、お風呂にゆっくり入って体を温めた方が生理痛の緩和には役立ちます。
夏は特に蒸れてカブレやすくなりますし、衛生面でも、またお肌のためにも入浴した方が良いでしょう。気分的にもさっぱりして気持ちいいですしね。

 

 

ただし、生理中の入浴にはいくつかの注意点があるので気をつけてください。
●生理痛がひどい場合は症状を悪化させないためにも無理をする必要はありません。

●気分的に負担になる場合も同様です。

●体を清潔に保ちたければシャワーでもいいでしょう。

●貧血やめまいの症状がでている時には、倒れたり転んだりして大きな事故などにつながる恐れがあるので避けましょう。

そうでない場合でも、生理中には温泉や公衆浴場などは控えた方が良いですね。
多くの人が利用する公共の場所では汚す可能性があれば控えるのは当然のマナーでしょう。自宅のお風呂を使用しましょう。

 

ぬるめのお湯にゆっくりと入ってリラックスすれば、体を温め血行を促し生理痛を緩和させるだけでなく、精神的なストレスの発散、神経をリラックスでき、生理中のイライラを和らげる効果もあります。
生理痛がひどくて入浴をする気が起きない時は、足湯や部分浴でも良いでしょう。
冷えと生理痛は血行が悪くなるということで深く関係しています。体を温め血行を改善できる入浴は手軽にできる日本人ならではの効果的な改善策だと言えます。