汗は敵?味方?夏のキレイカワイイときっても切れない「汗」のはなし


汗の役目ってなんでしょう?

汗には体温が上がりすぎたときに、打ち水のように涼しくする重要な役目があるんです。
でも、夏は汗対策が重要。せっかく重要な仕事をしてる「汗」が嫌われ者にならないように「汗対策」をきちんとやりましょう。

青春のシンボル、キラリ光る汗はお肌に悪影響がある?

HD138

必要以上の汗や、出てしまった後の汗はお肌にはよくありません。汗は基本的に老廃物なので再利用はできません。 それに、汗は水分です。指をつけたままにしてるとお風呂やプールで「ぶよぶよ肌」になったことがあると思いますが、それと同じ状態になります。

ふやけた肌は角質層という防御壁が傷つきやすく、はがれやすい状態です。
いつもより弱ってる状態でこすれたりすると肌荒れの原因になります。

 

汗が引くとき、カラカラ乾燥状態に

汗が蒸発するとき、身体は涼しくなります。この瞬間温度がスーッと下がります。汗の役目は体温を下げることですから。

このときに「打ち水」状態が行われてるんです。水分は蒸発していくときに「肌のうるおい」も一緒に気化しちゃうんです。肌の水分がなくなり、内部はカラカラ状態に。

肌は乾燥に対抗しようとして「皮脂分泌」を多くします。つまり脂分を出して膜をはって、乾燥を防ごうとしてるんですね。ただし、これがベタつきやテカリの原因になります。

 

出すぎた皮脂は詰まり、ニキビや吹き出物が!

夏の間コレが繰り返されて、カラカラ乾燥肌が元にもどりにくくなります。中身はカラカラになっても、表面には皮脂が。皮脂は脂分なので化粧品の油脂とまじってしまい、ズルズルと崩れてきます。

UVカットの日焼け止めも油分同士が混ざり合って、どんどんとけてながれます。
鼻の頭の汗が、ファンデの油脂を溶かしてゴワゴワになってる事、誰もが経験済みだと思います。当然日焼け止めもながれてしまい、UV対策の意味がなくなります。

 

汗をかいたらさっと拭こう

汗をかいたらすぐに拭きましょう。これさえちゃんと心がけていれば大丈夫。ただ汗の拭き方にもちょっとご注意を。絶対にこすったり、強く押さえつけないこと。傷つ きやすくなってる肌を確実に痛めます。やさしく、そっと拭き取りましょう。

asian-girl-74007_1280

日本は昔から蒸し暑く、汗がたくさん出る国かも??

 

>>その他の人気記事はこちら