老化の原因:ゴースト血管って知ってる?


ゴースト血管は死んだ毛細血管

幽霊血管、名前から恐いこの血管は
「形だけはあるけど機能していない毛細血管」のこと。
あらゆる老化現象の元凶といえます。

cross-782311_640

 

毛細血管の大事な仕事

大動脈から毛細血管へと血液は流れていきます。
毛細血管の直径0.01mmという、かなり細い血管です。毛細血管は

  • 栄養の配達
  • 老廃物の回収

というとても重要な仕事をしてくれます。

呼吸で得た酸素や食事から得た栄養素を血液に乗せて、絶えず体中に送りこんでいます。
復路では組織中の老廃物を回収してくれます。

しかしこの毛細血管はもろいもので、老化と共に正常に機能をしなくなっていき様々な支障が出てきます。
これが老化現象といえます。年を摂って来ると若い頃と比べて身体の動きが鈍くなるのも、毛細血管の老化が原因といえるかも。

そうした毛細血管の中には血液がまったく流れず「ただ血管の形をしてるだけ」というものができてきて、それをゴースト血管と呼びます。

 

ゴースト血管が増えていくとどうなる?

ゴースト血管は加齢とともにどんどん増えていきます。機能しない血管がふえていくと、身体のすみずみにまで栄養や酸素をとどけることができません。

そうするとどうなるか?

  • 肌のハリがなくなる
  • 肌のシワガ増える
  • 肌のシミが消えなくなる
  • 髪の毛や爪の質が落ちる
  • 脱毛

などのトラブルが起きてきます。

もちろんこの全てがゴースト血管のせいではないでしょう。脱毛などは遺伝もあるでしょうし。

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

 

ゴースト血管のことをちょっと想像してみてください。

大きな国道沿いのお店には、大量に食料などが運ばれてきます。
国道沿いに住む人たちはいつでも新鮮な食料を手に入れることができます。
ところが大通りからだいぶ離れた、小さな道ぞいに住む人たちは、一日一回配達に来てくれる「移動販売」にたよるしかありません。
その移動販売が、毎日来ていたのが、3日に一回になり、一週間に一階になり…。ある日来なくなりました。
そうすると道はただの道。物を運ぶ道ではなくなります。これがゴースト血管ですね。

ゴースト血管の周りにすむ人たち。つまり指先や足先の細胞は栄養が届かず、古い食べ物を食べ、そのうち食料がなくなります。

そんなところがどんどん増えていくとしたら。恐ろしいことですね。

suburbs-745179_640

 

ゴースト血管は生活習慣病を引き起こす

しかも恐いのはそれだけじゃないんです。

ゴースト血管になると、血管が壊れてくるのです。血管自体の細胞も新しい栄養や酸素がなくなると死んでしまうからです。

血管が壊れてくると血液がじわじわと漏れ始め、身体じゅうに炎症がおきてしまいます。これを慢性炎症と呼びます。

慢性炎症は脳卒中や心筋梗塞など多くの病気の引き金になり、細胞が壊れていくことによってガン化する可能性も高まります。

ゴースト血管を放置していると、健康被害もおおきくなります。

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

 

ゴースト血管をつくらないようにするにはどうしたらいいの??

  • 毛細血管を作る材料「アミノ酸」を毎日しっかり摂ることと
  • 身体の巡りをあげること
  • 体温をあげて身体の活性を高める

この二つのポイントに気をつけましょう。

 

ゴースト血管をつくらない
アミノ酸たっぷりの天然果汁はこちら>>>

>>その他の人気記事はこちら