冷え性女子やめました【風邪ひきそう!&かかったかも!ファーストケアは風邪薬じゃだめ】


風邪ひきそう・ゾクゾクするそんなときの対処法は?

急に冷えてくると、体調をこわしてしまいがち。
なんだかゾクゾク・・・。ノドがいたい。頭がボーっとする。
こんな「風邪の諸症状」がでてきたらやるべき事は

  1. とにかく寝る
  2. ビタミン類をバランスよく摂る
  3. 消化の悪いものは食べない

この3つが重要です。

風邪

 

【とにかく寝る】の重要性

身体に備わった免疫が、風邪のウイルスと戦うためには「体力」が必要。
寝ている間に人の細胞は活発に動きます。
免疫も寝てるあいだに働きます。
寝てる時間がおおければ、免疫が活躍する時間もながくなります。
風邪と戦うのは風邪薬じゃなくて、免疫力です。
体力温存して、睡眠時間を確保することが風邪をひかない、早く治す方法としては一番です。

寝る

 

【ビタミン類をバランスよく摂る】の重要性

風邪にはビタミンC。これはまぎれもない事実です。ビタミンCは一番有名なビタミンだけど、ビタミンCの錠剤をのんでればいいっていうわけではありません。

風邪にいいビタミンとしてはそのほか

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンE

などのビタミンをバランスよく摂ることが大切です。

ビタミン類は比較的摂れてる人が多いといわれますが、風邪のウイルスと戦うとビタミンCはどんどんこわれます。しかもためておくことができないので、毎日摂らなきゃダメです。

毎日、ビタミンやミネラルをバランスよくとれる方法は??
こちらの天然果汁なんていいかもです>>>くわしくはこちら

 

 

【消化の悪いものは食べない】の重要性

ご飯を食べて消化する。これって身体にとっては一大事。体力を相当つかいます。

風邪ひきそうだから、肉食って、体力つけるぞー!

ってのは身体にとって迷惑なこと。
消化のよいものを食べることは胃の負担がすくなるなり、体力を「風邪と戦う」のに使えます。
野生動物は具合が悪くなると食事も摂らずに眠るそうです。

消化のよいもの

 

冷え性女子は風邪をひきやすい??

女性の90%以上が冷えを感じてる。ということは「冷えない女子はほとんどいない」ってこと。
身体が冷えると「風邪をひきやすくなる」のは、免疫という身体をまもる力が低下するから。
日頃から

  1. 冷えない食べ物を食べる
  2. 冷えない服装をする
  3. 冷えない生活習慣

この3つを心がけましょう。

 

風邪薬っていったいなに?

風邪をひいたら風邪薬。だって鼻水とまったりするもの。

それは大間違い。風邪の諸症状はちゃんとした意味があるんです。

例えば・・・

ゴホゴホと咳が出る>>>
乾燥したノドにへばりついたウイルスを身体の外に出そうとするはたらき。

鼻水ズルズル>>>
鼻の粘膜にはりついたウイルスを早く身体の外に出そうとするはたらき。くしゃみもおなじです。

発熱>>>
風邪のウイルスは37度以上になると動きが弱くなります。逆に身体の免疫は37度以上で元気に戦えるようになります。身体は免疫を応援するために体温をあげるのです

0d662f3efa45552984c927ae14823326_s

せっかく身体が風邪のウイルスと戦おうとしてるのに、咳やくしゃみ、鼻水を止めてしまうと風邪のウイルスがずっと体内にいることになります。
ハナはかんで、はやく外へ出すのが大事です。

解熱剤を飲んで熱を下げると、免疫は低下し、ウイルスは元気になります。どうしてもつらいとき以外はなるべく解熱剤をのまないほうがいいでしょう。

 

クスリ

 

風邪のひき始めに必要な栄養をひと口でとれる果汁があります。
マイナス40℃というものすごい寒さのなかで生きるサジーというくだもののジュースです。

>>>1000円お試し。風邪薬よりやすい!くわしくはこちら

>>その他の人気記事はこちら