むずむず脚症候群の人が摂るべきもの、摂ってはだめなもの。


急増中のむずむず脚症候群。なぜ増えてるの?

夜寝る頃に、あしがむずむずして眠れない。原因がはっきり断定できない。現代の奇病か?と騒がれているむずむず脚症候群。

夜はひどいんだけど、朝はそれほどでもないので、病院にいくか迷ってしまう方も多いようです。

放っておくと悪化することもありますが、ここでは比較的軽めの

「あれ?なんか、むずむずする・・・」

程度の方を対象に、薬を使わず医者にかからず軽減する方法をご紹介します。

むずむず脚症候群って?

むずむず脚症候群のひとが摂ってはいけないもの

カフェインの摂取を控える

カフェインは刺激物。刺激物は全般的にむずむず脚症候群を悪化させます。
夜寝る前のコーヒー。
眠れなくなる!という人もいれば、コーヒーでリラックスできるという人もいます。

コーヒーをやめなさい!というのではなくて、夜の摂取は控えたほうがいいでしょう。

むずむず脚を感じるのは体温の下がってくる「夜」。寝る前の一杯はカフェインを含まないものがいいかもしれません。なぜならカフェインの影響の持続期間は4時間以上といわれているからです。

紅茶や日本茶にもカフェインはふくまれているから、ホットミルクとかがいいのでしょうけど。

カフェインはむずむず脚症候群によくない

 

寝る前のお酒はダメ

アルコールをのむと、眠たくなる。
つまり、眠りに入りやすくなるから、むずむずしてるときにはアルコールを口にして寝たいところですが・・・

ところがアルコールが分解されるときに発生するアセトアルデビド。これがやっかいものなのです。

お酒をのんでいい気持ちになって寝て、夜中にハッと目が覚めることがありませんか?
アセトアルデビドは夜中に目をさまさせる要因を作るのです。

そうやって目が覚めると、なかなか眠れず、むずむず脚を感じてしまいます。

お酒はできれば眠りにつく3時間前までにしましょう。

お酒もむずむず脚症候群によくない

 むずむず脚症候群の人が摂るべき栄養素は?

それはズバリ!「鉄分」です。

むずむず脚症候群の原因として「ドーパミンの機能障害」があります。
ドーパミンというのは神経伝達物質で、アドレナリン・ノルアドレナリンのもと。

  • 快感や多幸感を得る
  • 意欲を作ったり感じたりする
  • 運動調節に関連する

などの役割がある脳内ホルモンのひとつです。
ドーパミンの不足によって起こりやすくなる病気にはパーキンソン病などがあります。

このドーパミンが少なくて、神経伝達がうまく行かないことから、脚がむずむずするような感覚がうまれてしまうといわれています。

キチンと神経伝達が行われていれば、このむずむず感は感じなくてすむのです。

神経伝達のミス

ドーパミンを作るには鉄分が必要

鉄分不足。ほとんどの女性がそうだといえます。
もともと吸収しづらい栄養素でもあり
生理で血液をうしなう女性は慢性的に鉄分がたりません。

鉄分不足でおこる症状には「貧血」がありますが
このむずむず脚症候群も鉄分不足が一因です。

むずむず脚の症状が重い場合は、病院から処方される鉄剤を使うようにしましょう。
ただ鉄剤は便秘や吐き気などの副作用もあるので、なるべくそうならないように日頃から鉄分補給を心がけましょう。

鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率がUPします。

かんきつ類や緑黄色野菜はビタミンCを豊富に含んでますので、これらを食生活にしっかり取り入れるようにしましょう。

鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率がUP

 

鉄分とビタミンCがたっぷりはいった天然果汁が「貧血」にいいといわれています。
この果汁。むずむず脚症候群にも効果的!
>>詳しくはこちら

 

 

>>その他の人気記事はこちら