たちくらみ?いえいえそれは起立性貧血です。《安心できない身体の不調》


bc76dbdcf8084f07acd58f8b984cfbbe_s

朝礼でたおれる

うしろのイケメンに助けられる

保健室で目が覚める

彼がそばについていてくれた

ああ、わたし貧血でよかった・・・

 

それは貧血でなくて起立性貧血です

わたし貧血だから、朝、死人のような顔なの。
たちあがるとクラッとしてしまって、めまいがする。

こんな話をすることがあるし、きくことがありますよね。

これは低血圧などで脳に血液が行かないこと、血液の循環不全をいうもので、起立性貧血とよばれるものです。

起立性貧血は身体の栄養バランスが悪いとおきやすい

低血圧で立ちあがったり、ふりかえったりしたときに、その動きに血流がついていけなくて、身体の一番高いところ「脳」に血が上らないことが原因と考えられてます。

「な~んだ。低血圧が原因ならしかたないなあ」

と思いがちです。

もちろん高血圧に比べて低血圧のほうがリスクは少ないでしょう。

起立性貧血、たちくらみは、ただ低血圧だけが原因じゃない場合がかなりあるんです。

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_m

起立性貧血は自律神経のみだれが原因のことも

自律神経のみだれは、何からおこるか?

  • 冷え性
  • 膀胱炎
  • 頭痛
  • 肩こり
  • キツイ生理痛

そんなことありませんか?

 

女性のトラブルの多くは

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経の乱れ

が原因のことが多く、それは「身体の冷え」が元凶だといわれてます。

>>たちくらみを解決する天然果汁1000円お試し・こちら

 

立ちくらみだけ」がする人の場合は、まだ大丈夫とも言えますが

  • 顔色がさえない
  • 身体が疲れやすく、疲れがとれない
  • 髪の毛の質が悪くなってきた
  • 肌荒れがひどくなってきた
  • 頭痛がひんぱんにある

なんてこともある場合は、残念ながら貧血の可能性が高いです。

 

 

貧血とはヘモグロビンが減ってる状態

医学用語としての貧血は

  • 血液の中の赤血球数
  • ヘモグロビン濃度
  • ヘマトクリット値

が正常以下に減少してることを言います。

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

赤血球の数が減って、酸素を運ぶことができず、身体じゅうが必要としてる酸素がいきわたらず、身体が酸欠になっている状態です。

赤血球が少なくなるので顔色が青白く見えたり、日本人のような黄色人種は黄色っぽく見えたりすることもあります。身体がむくむこともあり、疲れやすくなります。

頭痛や動悸、めまいなどが日常的におきはじめるとかなり重症かもしれません。

うー疲れがとれない。

うー疲れがとれない。

 

貧血が続くと心不全に???

酸素が供給されるように心臓は一生懸命血液を送り出し続け、かなりの負担がかかってきます。重度の品絵kつが続くと心臓の負担は重くなり心不全になることも。

最悪の場合、死んでしまうこともあります。

 

貧血は、はやめに改善しないと

鉄分だけではダメだった…貧血改善の裏ワザは意外と簡単??
>>>くわしくはこちら

>>その他の人気記事はこちら