ビタミンCを効果的に摂ると、明るい未来が!


ビタミンCは、すぐ流れ出ちゃうからこまめに摂る

ビタミンCは水溶性ビタミンといって、水に溶ける性質があります。なので朝、一日分のビタミンCをガッツリ摂っても、おしっこになって外に出ちゃいます。
ビタミンcサプリなんかは、合成されたビタミンが大量に(ある意味ムダに?)入ってるので、まとめて飲んでもあまり意味がありません。朝、昼はちゃんと食事でビタミンCを摂って、夜ご飯のあとサプリ、とかいうようにキチンときめたほうがいいかも。

ビタミンCは若さの秘訣

 

ビタミンCをサプリと食事で摂る場合

サプリメントや医薬品はビタミンCだけに特化したものが多いし、マルチビタミンといわれるものでも、自然界の食品に比べるとバリエーションが少ないです。
食事で摂った栄養はゆっくりと吸収されて、3~4時間後に血液にいきわたります。
サプリの栄養素は30分後くらいには吸収されるので、その時間差を使うのもいいかもです。

食事で摂るなら

・ピーマン
・ブロッコリー
・じゃがいも

などの摂りやすいものからフルーツ系までいろいろあるので。ローテーションでまわしていきましょう!

野菜をたっぷりとろう

 

ビタミンCを「その気にさせる」ビタミンEも一緒に!

ビタミンCに力いっぱいがんばってもらうにはパートナーが必要です。ビタミンEはその代表です。ビタミンEはビタミンCと同じく「抗酸化作用」があり、ビタミンCは身体の中の水分に溶けてはたらく「水溶性」で、ビタミンEは油に溶ける「脂溶性」。
身体の中で、このふたつのビタミンは

  1. ビタミンEが活性酸素の動きを止める
  2. ビタミンEは疲れて、自分自身が酸化してします
  3. 酸化したビタミンEは、ビタミンCに助けられて元にもどる

 

ビタミンEとビタミンCはお互い助け合って身体の酸化を防いでいるんです。グルタチオンというアミノ酸も、疲れたビタミンCを元気付けてくれます。

ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸の三つがまとめてとれる食べ物は

  • ほうれんそう
  • トマト
  • サジー

などがあります。

 

サジーってなに?と思った人はこちら>>

>>その他の人気記事はこちら