生理痛緩和のためにピルを使ってみる


ピルは彼氏のためにあるんじゃない!

男性はピルに対して「避妊薬」という目で見ます。しかも低用量ピルは、重い生理痛のある方なら試してみたいもものひとつです。

へんな誤解を受けずにすむような世間になればいいのに。でも避妊薬としてのピルがなぜ生理痛を和らげるのでしょうか?

 

低用量ピルが生理痛の緩和にいいのはなぜ?

低用量ピルを服用すると生理痛が軽減されるわけは、エストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンという物質が、生理中の宮内膜の増殖を抑える働きをするためです。

生理中に増える子宮内膜の中にたくさん含まれる、生理痛の素ともいわれる「プロスタグランジン」は子宮の収縮をうながします。

プロスタグランジンの量を減らせば、痛みも軽くなるってわけです。

この分泌が過剰になると、子宮の収縮が強くなり痛みを引き起こしてしまうのです。低用量ピルによって子宮内膜の増殖が抑えられるとプロスタグランジンの量も減るため、出血量と出血前後の痛みが軽くなるのです。

gf01a201503230100

 

低用量ピルを服用すると

  • 避妊
  • 生理前の不快な症状(PMS)を和らげる
  • 生理が軽くなり、生理痛や出血量が減る
  • 生理のくる日をコントロールして生理周期を安定させる
  • 子宮内膜症の予防や改善
  • 卵巣がんや子宮体がんの発生率を減らす
  • 吹き出ものやニキビなどの改善、美肌

などの効果が期待できます。

 

 

副作用がピルはこわいのでは?

低用量ピルの服用時は、脳が身体を「妊娠した状態」と認識するため、人によっては慣れるまで吐き気やだるさなど、いわゆる「つわり」のような症状が起こることがあります。

ただし、これらの症状は大抵1~2週間ほどで収まることがほとんどです。

ホルモンに関する薬なのでなんとなくこわいという気持ちもわかります。できれば飲まずにいたいけど、引き換えに手に入るものが大きいから、薬を飲むことがあるんですよね。

「太る」「不妊になる」などのうわさには信憑性がありません。医師の診断を受けて適切に処方される低用量ピルでは太ることはありません。

服用を停止した直後から妊娠できるようになり、子供に影響が出ることもありません。

 

 

以下の人はピルを飲むことはできません。

  • 血管の中で血のかたまりができて血管が詰まる血栓症になるという事例もあります。
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患などの既往歴のある人
  • 心臓弁膜症や糖尿病、非常に重い肝障害や肝臓がんにかかっている人
  • 35歳以上で1日15本以上喫煙している人
  • 中等度以上の高血圧の人
  • 乳がんや子宮がん、子宮頸がんの患者もしくは疑いがある人

 

 

理痛緩和のためにピルを飲む ピルには女性ホルモンに作用する働きがあり、生理痛は女性ホルモンが一因となっているので、ピルを飲むことで解消することができるのです。 ピルには月経痛や月経量の改善、月経不順を改善する効果があります。 またホルモンバランスを改善する効果もありますので、生理痛以外にも様々な効能があるのです

情報源: 生理痛緩和のためにピルの服用 | 生理痛スッキリ改善したいならコレ、試してみない?

>>その他の人気記事はこちら