老化をとめるのはやっぱり【ビタミンC】


一番有名なビタミンはビタミンC。

飲んだり食べたりするだけじゃなく、美容アイテムにもビタミンC配合。ビタミンC誘導体なんて言葉もよく聞きます。

数あるビタミンの中で一番ポピュラーなのがビタミンCでしょう。 レモン何個分のビタミンC!って表記をたくさんみかけるから、「ビタミンってあの、すっぱい味のもとかなー」って印象の方もおおいはず。(ほんとはビタミンC自体に味はないんだけどね)

man-742766_1280

 

 

ビタミンCは美しさをひきだすのは本当!

ここでちょっとビタミンCのお仕事をいくつか。

  1. シミの元になるメラニン色素の除去
  2. コラーゲンの生産
  3. 老化の原因、活性酸素の除去

 

大嫌いなメラニンを消してくれる??

メラニンはほんとは悪者じゃないんだけどね。
メラニンが紫外線を浴びると、「肌の細胞を守るために」黒いメラノサイトというものを出して肌を紫外線からブロックしてくれるのです。
細胞に紫外線が直接当たっちゃうと壊れてしまうののだけど、黒くすることによって紫外線は吸収され、肌の奥までとどかないんです。

ところが、つくられて しまったメラノサイトはシミなってしまいます。
ビタミンCは過剰に作り出されてしまうメラノサイトのおおもと「メラニン」を抑制する働きがあるのです。

 

くわしくはこちらで: ビタミンCがメラニンを消してくれる!黒いシミをけしてくれる【その秘密大公開】

beauty_skin_1432101367

 

コラーゲンを作ってくれるビタミンC

コラーゲンをのんでも、コラーゲンにならないって話、ご存知ですか?
口から摂取したコラーゲンが体内に吸収されるには、「アミノ酸」に分解されなくてはなりません。

つまり、どんなものを食べても、吸収される段階ではバラ バラにされるのです。 その部品が全部コラーゲンになればいいのでしょうけど、そううまくは行かず、他のアミノ酸と一緒の使われ方をします。

コラーゲンを飲んでも、コラーゲンじゃなくなる?ガッカリしますよね。そこでビタミンCの出番!バラバラになった元コラーゲンやその他の部品から再びコラーゲンを作るときにビタミンCは活躍するんです。

コラーゲンドリンクを飲んだり、豚足食べたりしても、ビタミンCを摂ってるか 摂ってないかで、出来上がるコラーゲンの量がぜんぜん違うってことになります。 プルプル肌には、豚足もいいけどビタミンC!ってことですね。

お肉料理とかにレモン絞ったりするのって、実は理にかなってるってことです。

あ、でもレモンを大皿に振るときは「かけてもいいですか~」の一言を忘れずに。

 

>>その他の人気記事はこちら