紫外線防止は帽子で決まり!?


紫外線対策にいちばんいい帽子は?

 

自転車に乗ったおばちゃん。でっかいサンバイザーでどこ見てるのかわからず、恐い!っておもったことありませんか?

サンバイザーも紫外線防止にはいいけれど、ちょっと見た目が…。

せめてツバ広の女優帽くらいにしたいですよね。

 

紫外線対策にいい帽子の色は「黒」

黒などの濃い色は紫外線を吸収します。髪の毛や頭皮にとどく前に、きゅっと集めてくれるわけです。でも黒い帽子って、見た目もかぶってるほうも暑い暑い。

でも日焼けを考えると

  1. 赤や青、緑
  2. 黄色

の順で紫外線対策にいいのです。

 

紫外線を通してしまう「紫外線透過率」から見ても

  • 黒・・・1.7%
  • 白・・・19.4%

白い帽子だと20%近く紫外線を通してしまう。

これじゃ意味がないよね。

 

うー。暑いのガマンしてるとアタマ蒸れそう。

そういうときには

「外側が白、内側が黒」の帽子が理想的。

太陽の熱は集めずに、頭の中には入らない。やったー!って。

 

あんまりそんな帽子見たことないんですけど…

 

ですね。

そんな白黒帽子…。

HP182

 

UVカット素材の帽子がいい!

この頃は「UVカット素材」をつかった物も出てるので

白っぽい帽子がいい!という人はぜひ、そちらを選んでください。

 

UVカット帽子には

紫外線吸収材をつかっているもの

UVカット素材でできてるもの

の2種があります。

 

紫外線吸収材は、洗うとどんどん取れていってしまうので、何年もかぶる人はUVカット素材でできたものをオススメします。

(でも、来年は来年の帽子、欲しいよね)

 

最後に「キャスケット」や「キャップ」だと、前からの紫外線からしか守れないので、やっぱりつばの広い女優帽が一番です。

 

あと、ストローハットの、目が粗いやつも問題です。風通しがいいようにメッシュがあらくなってるけど、当然、紫外線も通します。

42b5c6fae4ea9c9ea90e715d94e2f2b7_m

 

まとめ:紫外線防止用の防止は

  1. つばが広く
  2. 黒い色か濃い色
  3. UVカット素材

 

これならサンバイザーで周囲を恐がらせなくてもいいからうれしいね!

>>その他の人気記事はこちら